経験

ギブ&テイク

という言葉がありますが、
ユーブライドでも

「相手に こんなに○○してるのに○○してあげてるのに……なんで 私には○○してくれないの?」

というコメントをよく見かけます。
「私はこんなに頑張ってるのに…

世の中 ギブアンドテイクじゃないの?」
いやいや!
そんなに甘くはないです。。。
ギブ 1回ぐらいじゃ 少ないです(笑)
「じゃあ、最近よく言われる

ギブ & ギブ? (ギブアンドギブ)」
いやいや!

ギブ2回でも まだ少ないなぁ〜(笑)
…って、こういうのは 数をカウントするもの
ではないんですが、敢えて言うなら、

最低でも

「ギブギブギブ」でしょうね!

==============

ギブアンドギブでも足りない!

ギブギブギブ!…与えて与えて与えて!

==============

ただ無欲に 与え続け、

ふと 忘れた頃に

どこかのタイミングで

テイクという贈り物が

あなたの元へ♪(*^^*)
…届くかも(笑)
…そこまで ギブを続けなければいけません。
えー!

ギブギブギブ?
そんなに ギブギブしてたら

疲れて ” ギブアップ ” しそう!( ̄∀ ̄)
そんなダジャレも出てきそうですが(笑)
でも、みなさんも 経験があると思いますが、
なぜか見返りを強く期待して 相手に与えた
ときに限って、自分の思うようにはいかない
ものです。

それは きっと、「あとで、大きな見返りを
求められるんじゃないか…」というのが
相手に伝わっているんでしょうね!

顔に出るんでしょうね〜 正直な方は( ̄∀ ̄)

また、面白いのは
必ずしも 与えたところから テイクが返ってくるとは
限らな〜い!(^^;;

全く 関係のない、全然 違うところから 突然
予告もなしに返ってくることもあります (・□・;)

これは 昔からよく言われる、

「頑張っていれば、誰かがどこかで あなたのことを
ちゃんと見てくれている!」というもの なのかも
しれませんね! ‘(*゚▽゚*)’
まとめになりますが、

ギブアンドテイクは

相手に一つ与えたら、一つ見返りを貰うものではなくて、

ギブギブギブ!… 与えて与えて与えて!
しかし 見返りを 求めるのではなくて、

ただ純粋に

「その人のために、力になりたい!」

と、相手のことを心から 想うこと。
それを続けていたら、

いつか 自分がピンチの時に
奇跡のような グッドタイミングで、

あなたに 助けを差し伸べてくれる人が
あらわれる!ということ。o(^▽^)o
今日は最後に、

悩める あなたに

経営コンサルタント 見田村元宣さんの
この言葉を送ります!

==============
ギブアンドテイクとは?
相手に ギブを続けて、

相手が「安堵(アンド)」したら

テイクになるのです
==============

婚活パーティー

色々あったので、タイムリーな話ではありませんが、婚活日記です(^-^)

行き馴れた婚活パーティーに出席してきました。
翌日のパーティーが本命だったのですが、
「なんだ…ほとんど確率はゼロに近いじゃなか!
…でも、やらなけりゃ…確実なゼロだ!!」【寄生獣より】
を思い出し、参加してみることにしましたッ!
(*´∀`)♪

…が、会場に入って希望は絶望に変わるッ!
情けない話だが、何度も婚活パーティーに参加した人なら分かる

…これ、アカンやつや…
(;・∀・)

何故って、参加している方の殆どが常連さんだったんです。
お互いに何度も会ってるのに、またやっても、当然カップルにはなりません。
極わずかな初対面の方狙いになりますが、競争率も高くなるんですよね。

女性側にも、会場の雰囲気を察したプロがいたようで、男性陣を一瞥し、ダメと判断して、キャンセル料を支払って退席した方がいました。
(´・ω・`)
まぁ、女性の参加料(=キャンセル料)は、500円ですから、払う人もいるでしょうね。

…パーティー内容は書くこともないので、その後の話…

二連続でパーティー参加するつもりなので、このような場合、私はホテルに泊まることがあります。
特に今回は、翌日に買い物しようと思ったり、用事があったのでホテルを予約しました。
パーティーを終えて安ホテルに午後9時にチェックインすると、なんと門限が午前0時と判明。
早すぎですよね~もうちょっと遊びたかったのにぃ…
今日は厄日だorz

仕方なく、速攻で飲み食いして寝ることにしました。
すると、ホテル近くに良さげなイタリアンがあるではありませんか!!
(*≧∀≦*)

当然入りますよねッ!
ここでは、ピクルスとカラスミスパゲティを注文しました。
飲み物は、黒ビールは嫌いと伝えて、おすすめのビールを出してもらうことに。

…が、
ビールは黒ビール
ピクルスは頭痛がするくらい酸っぱい
カラスミ自体が私と合わなかった
(。´Д⊂)

もー、今日はなんなのさー
(´;ω;`)ブワッ

というわけで、いつもの店へ行きましたよ。逃げるようにダッシュで。
そこはワインが安く飲めるし、つまみも安いんです。私が心配することではないのですが、儲けが出てるのか心配になるくらい安いです。
また、ここの生ハムを使ったピザが秀逸で、とても美味しいです。
それに、ここの店長って、優しさが滲み出るようないい方なんですよ。
(^-^)

…が、店には似合わないほどゴツく、他の調度品よりも明らかに高級な生ハム専用カッターが設置してあります。
それは、こだわりというより、店長の狂気を感じるほどで、同じ男として、そこにシビれる憧れるです。
( 〃▽〃)
んで、このピザが美味いんッスよ!!
「美味しい」というよりも、

んまぃッ!(*´∇`*)

って感じで、ワインが進みます。

で、いつものバーに移動して、カクテル頼みました。
誰もが知ってるモスコミュールです。
モスコミュールが誕生した逸話って諸説あるようですが、共通しているのは、在庫を大量に抱え込んで頭を抱えても、何とかなるっていうお話しです。
婚活うまくいかずに頭を抱えてますが、何とかなるように知恵と勇気で頑張ろうと思いました
(*´ω`*)

そして、決戦は翌日の婚活パーティーなのでした…